FC2ブログ
大航海時代Online Astraios鯖で日々ウロウロ
2019/01/01(火)21:41
123018 173457

錬成生態調査R15
ついでに生物がR17までいったけど意味ないな。

ってことで、やっておこうかな?と思ったことは終わったので、終わりの時間です。
正確には1/8まで残ってますが、今後の課金予定はないです。

まぁ、やりたくなるかは運営の匙加減次第ですが期待はできないでしょうねぇ。
過去コンテンツに手を入れるといってるけど、「認識してます」と言っていた@webのflash排除が一年半以放置されている現状だと、詐欺師の戯言としか受け取れんよねぇ。

全体的にやる気ないんでしょ。
なのでこっちもやる気ないです。



なんといっても去年の大失態は釣りイベントでしょうな。
あれは酷すぎた。
バグがあってそれによってイベントが一時停止したのまでは理解できる。
だけど、その後の対応が酷すぎた。

イベント再開時期の告知もなかった。
突如イベント再開したけれどイベント期日の延長はなかった。
イベントできなかった期間はユーザー全体が受けた被害なのにマグロの納品数が多い人にお詫びが多いとかいうわけのわからない差をつける。
全種類の魚を一定数納めなければ全納品上限が解除されないという意味不明な仕様のため、マグロ以外の魚を外道に邪魔されながら釣って納めなきゃならない。


この流れでもうまともに運営するつもりはないし、まともな運営ではないと判断して年パス切れたらやらないつもりでした。
ユーザーに対する報・連・相ができない運営は運営じゃねぇですよ。

その後おびえたかのようにイベントがなくなり、久々やったと思ったらお使いとアイテム配布するだけの薄っぺらいクソイベントでお茶濁しててそのまま年末でしょ、そびえたつ無能っぷりである。


次にアイテム課金は去年書いたことが順調に悪化していってるなと。

このままいくとアイテムを手に入れる系のコンテンツは順々に死滅するんじゃないかな?
ゲーム内で手に入るのは装備箇所も自由がなく低ランクなのでガチャくるまでいいやってなる。

現状でも装備効果とかゲーム内でつけるより高ランクで装備箇所も重なりにくいものが課金アイテムでバンバン出てるので錬金術の特性開花なんて死にコンテンツだし、それこそ装備品を手に入れるのは大半が冒険系のコンテンツなんだけど、もう完全に死体蹴り状態だよね。

売れる物って考えると過度になっていくのは宿命たけどコンテンツ寿命を削っていって残る物ってなんだろうか?
やる価値のないコンテンツしかないゲームってクソゲーオブザイヤーで言われるゲー無だよね。
順調にゲー無化していっている。


最初からここらへんしっかり線引きできれば課金アイテムとの共存ができたけれども、残念ながらもう戻れない位置にいると思う。
今、ゲームプレイ内に収まる程度の性能にしたら売り上げは絶対落ちるし、高性能化をしていけばゲームする必要がなくなる。
かといって同じ性能の物だしても売り上げは落ちる。
結局売り上げ考えるとガンガン高性能なものを追加していくしかないわけで、
ゲー無の始まりは終わりの始まり。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://albrechtdurer.blog.fc2.com/tb.php/431-be8dd9ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

albrechtdurer

Author:albrechtdurer
大航海時代Online Astraios鯖でのんびりまったりドMな生活をしていますw

ゲーム内の物をモチーフにしたシルバーアクセサリーを作ったりもします。(かなり稀なので期待はしないでw)

レザークラフトもはじめました。ってか最近こっちがメイン。

コメントする際にはスパム対策のためにhttp://やメールアドレスなどの文字列はNGワードなっておりますのでご注意ください。

またこちらの判断でスパムや不快なコメントと認識した場合削除する事もすることがあるのでご了承ください。

大航海時代 Online著作物利用規約

 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.  

最近のコメント
月別アーカイブ
 | ニュルンベルグの芸術家 ZweiTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX