FC2ブログ
大航海時代Online Astraios鯖で日々ウロウロ
2018/05/26(土)20:33
いままでもあったのだけれども、拳銃とクロスボウが追加されて各種ブーストも豊富になったので現実的になってきたかな?と思ってやってみた。
正直事前準備の手間考えると「量産・・・?」って感じではあるんだけれども他の入手手段考えると「まぁ妥当なのかなぁ・・・?」と思う感じではある。

(以前倉庫用に課金したアカウントがあってその有効活用考えた1つにこれが浮かんだのでやってみただけ、そのため2垢前提の内容になってます。)



使うのは
チャレンジミッションの『習得テクニック数50を突破しよう!』
の達成報酬武器職人の鍛錬具5個


テクニック50個というのは結構遠いようで近いようで遠い。
正直手間に見合うのかと言われればちょっと疑問ではある。
(でも巷の鍛錬具の価格差の原因は主にコレのせいよね。)

武器R1テク 9種×3
罠R1&R2テク 16
商品知識 6

で27+16+6=49
と意図的なのか1種類届かない。
そしてオリジナルテクニックで1個埋めようとしたけれども、
これも意図的なのかわからないがチャレンジミッションのテクニック数にはカウントされないらしい。
なので他の方法で1個埋める必要がある。

また、商品知識にも問題があって、習得条件が運用3保管1であり、これはブーストが効かないので実時間250分位浮いていなければならないので実は習得に時間がかかる。
(条件が免除される優遇職は全部東アジア関連なので勅命やら考えると現実的ではない。)

そうなると商品知識をとらない場合どうするか?
となるので上記の残り1つをどう埋めるか?
などは全てテクニックをどう取るかの問題に帰着すると思います。

まぁ、結局武器テクニックで補うしかないのですが。



手順
1 キャラ作成
どの国籍で作っても結局港回りで冒険lvを上げるので問題はない。
強いて言えば帰るのがつらいヴェネは控える位だけれども、
最初から名声上げちゃって帰って来る予定がないならばどこでも良い。

性別はどちらでも良いが、ブーストの事考えるとどちらかにそろえた方がよい。
(オススメは戦闘上げをクエでやる方法を取るなら海に出なくて良いフランス。)

2 名声上げ
交易品のその場売りで1万位まで稼ぎEU内の入港許可を全て取得する。
またブースト用の装備品の装備条件クリアの為でもある。
(余裕があるなら12000位まで上げてくとよいかもかも。)


3 レベル上げ
スキル習得の前提条件があるので各種lv10まで上げる。
(投てき術が10/0/10、商品知識が0/10/0、罠が10/0/0、狙撃術が0/0/10)

冒険はEUの港回りで十分上がる。
(足らなかった場合町報告の過程で手に入るレリックピースをつかって上げる。)

交易は上記名声上げの過程で上がるので割愛。
(強いて言えばメンターポイント稼げるのでついでに稼ぐくらい?)

戦闘は戦闘するのが面倒ならば、
支援しつつ砲術家と武器商人のクエを交互にやれば10位ならそこまで苦労しないで上がる。
(武器商人クエに大砲と火炎壺が5つづつ必要。メンターしておくと大体12回分位で戦闘Lv10に達する。)

4 スキル習得
結構習得できる場所がバラバラで面倒なので計画的に行った方がよい。
(といってもロンドン・ピサ・ナポリ・アテネなのでカレーとパリ発見しておけば陸路で行き来できるのでそこまで遠くもない。)

5 テクニック習得
ブーストを入れ替えつつテクニック習得を行う。
最初に書いた通り習得するのは以下の50個

武器R1テク 9種×3
罠R1&R2テク 16
商品知識R1&R2テク 6
任意のモノ 1

商品知識をとらない場合
商品知識で消化できる6個分を何かで補う必要が出てくる。
一番条件を満たしやすいのは罠だが、R3のテクニックは通常戦うだけではほぼ覚えない。
また、実際使用してくる敵から受けて覚えるとしても場所がかなり遠いので6個全部となると商品知識をとった方が早い。
(2,3個位ならメキシコ湾周辺でどうにかはなるが。)

となると武器テクニックで補うのが自然の流れといえる。
低ランクで習得できるテクニックは
 棍棒・杖のフェイント2で2つ
 槍のクイック3で1つ
 槍のフェイント3で1つ
 弓のフェイント3で2つ
 クロスボウのフェイント3で2つ

と計8つあるので十分お釣りがくる。

慣れてくればテクニックを上げるのは1時間もかからずできるので商品知識を取るよりこっちの方がはるかに早い。


商品知識をとる場合
残り1つは棍棒・杖をフェイント2に上げる事で補う。


tipsとしては
テクニック上げの時メンターを利用すると、剣術Rが抑えられるのでそこらへんの敵でもチェインをつなげやすくなるので利用するとよい。
が、レベルも制限されるので剣術Rだけでなく体力も劇的に下がるので防具はしっかり装備しないとぬっ殺されるので注意。


7 鍛錬具get
お疲れ様でした。
キャラ削除のインターバルをチェックしておいて次のキャラに取り掛かってください。




ブーストについて
ブーストは大体R3まで行ければ大丈夫だけれども、同時に成り立たせなければならないので部位に注意する事。
そういった意味では頭・手・足にブーストがあるものはとても有用なので揃えておくとよい。
あった方が良いのは

鹿皮の靴(罠+1)
山羊毛織バーヌース(orビーズ飾りガンドゥーラ) (投てき術+2 罠+1)
{天目茶碗(商品知識+2)}

罠の学問系・探索はブーストが豊富なので利用するのも有りだが、R3までなら2,3回発見するなりすれば簡単に上がるので上げてしまった方が同時に満たしやすい。
(必要なら航路開拓団の靴(地理学+1 生物学+1)が便利。)




データ
前提条件は以下
冒険lv10以上 交易lv10以上 戦闘lv10以上
名声15000以上
剣術 採集 投てき術 (商品知識) (運用) (保管) 地理学 生物学 探索 生態調査
{狙撃術} {銃撃}
※{}は商品知識をとらない場合必要になるもの

※投てき術や狙撃術、商品知識には前提スキルの他レベル制限も10程あるのに注意。
※名声はブーストの装備条件の為必要になる。
 15000としたのは有用なビーズ飾りのバーヌース&ガンドゥーラの装備条件なので。

テク数
武器R1テク 9種×3+{2+2+2+1}
罠R1&R2テク 16
(商品知識 6)

低ランクで習得できるテクニックは
棍棒・杖のフェイント2で2つ
槍のクイック3、フェイント3で1つづつ
弓のフェイント3で2つ
クロスボウのフェイント3で2つ

槍、杖・棍棒はR2のテクは剣術R3が必要
弓、クロスボウはR2のテクは狙撃R3が必要

オススメブースト装備
頭 フェルトハット(生物学+1)、義賊の帽子(生物学+1)、遺跡調査団の帽子(地理学+1)
胴 山羊毛織バーヌース、ビーズ飾りガンドゥーラ(投てき術+2 罠+1)
手 義賊の手袋(罠+1)、防護用手袋(罠+2)、サーベイヤーズグローブ(生物学+1)
足 航路開拓団の靴(生物学+1 地理学+1)、金刺繍ブーツ、鹿皮のブーツ(罠+1)
装 金のスカラベ(生物学+2)、鄭成功の手記(剣術+2)、六韜三略(剣術+2)
   高句麗弓術書(投てき術+2、狙撃術+2、剣術+1)、遁甲天書(投てき術+2 罠+1)

※持ち手は武器を持ち変えるため基本的にはブーストに含めない方が良い。
※イベント入手のものや装備に高名声が必要なものは省いてあります。



実験的にやってみて大体1キャラが鍛錬具得るまでが7~8時間位かなぁ・・・。

最初の名声稼ぎ、交易上げは流れでキャラ全員出来るので一度にやってしまうとしてもちょっと時間かかる感じではある。
また、テクニック上げもアカウントが多いとその分やりやすくなると思う。
まー、カムバック中に6キャラを2週やるつもりなら流石にキツイけれども1週で十分なら2日で1人仕上げる感じでやればカムバックの度に武器鍛錬具30個手に入る感じですかね。

最初に書いたけれども手間考えると微妙な感じなんだけど、
同じ時間かけて他の手段でやっても1個手に入るか入らないレベルなので、確実に手に入る手段があるだけでもいいかもしれない。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://albrechtdurer.blog.fc2.com/tb.php/426-43b788da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

albrechtdurer

Author:albrechtdurer
大航海時代Online Astraios鯖でのんびりまったりドMな生活をしていますw

ゲーム内の物をモチーフにしたシルバーアクセサリーを作ったりもします。(かなり稀なので期待はしないでw)

レザークラフトもはじめました。ってか最近こっちがメイン。

コメントする際にはスパム対策のためにhttp://やメールアドレスなどの文字列はNGワードなっておりますのでご注意ください。

またこちらの判断でスパムや不快なコメントと認識した場合削除する事もすることがあるのでご了承ください。

大航海時代 Online著作物利用規約

 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.  

最近のコメント
月別アーカイブ
 | ニュルンベルグの芸術家 ZweiTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX