FC2ブログ
大航海時代Online Astraios鯖で日々ウロウロ
2015/03/15(日)02:00
前の記事を別の場所でチラッと書いたら

「ハイエンドコンテンツが苦行だからっていちゃもんつけるってどうなの・・・。」



って直接でないにしろ言われたように見えたので、ちょっと感情的に書きすぎた面もあるかなと思って論点整理をして書き直して見ました。

基本的には感情的に見えちゃうのはこちらの非としても論点を捕らえずに大雑把にイチャモンとかいわれても・・・。
って事なんですが。


論点は
1.陸地調査において発見物が必須行動に入ってるのは不適格。
2.再調査は行った場合報告しなければ他の調査を行えず行う場合再調査結果は破棄になるのは問題。

この二点が問題ということ。

相手の発言内にハイエンドコンテンツという発言があるけど、ここは<ハイエンド>の定義によるが自分の定義では陸地調査はハイエンドコンテンツではないと考えている。

ハイエンド(最上端)コンテンツとは基本的にガナドールや大海戦などのある程度スキルレベルが揃っているのが前提のコンテンツがハイエンドコンテンツの定義だと考える。
なので、対人要素をもっていたりスキルランクのキャラクターの成長度合いによって成果に差がでる物事やスキル高いレベルで育ってないと達成自体ができない物がハイエンドコンテンツ足りうる物だと考えられる。
(冒険系ならばトレジャーハントの一部がそれにあたる。)

しかし、陸地調査においてはそういったキャラクターの成長度合いによって差異が出る事はほとんどない。
基本的に使う『測量』『視認』『採集』『調達』などは全部アイテムで代用できる。
(時間的な面で採集か調達はスキルのほうが良いが。)
また、選択しとして戦闘やクエスト達成で達成度を上げる事ができるので職業による差異も少ないといえる。

この結論はハイエンドコンテンツを否定するものだが、上記の内容であると最初の論点に上げた<発見物が必須行動に入っているのが不適格>が問題にならないのではないか?との疑問があるかもしれない。

しかし、上記の場合発見物やクエスト達成は選択肢の一部であり必須行動ではない。
問題になるのは必須行動であるという点である。

基本的に陸地調査はその陸地内で完結するのが望ましいというのが最初の論旨の真意であり、これはハイエンドコンテンツでない陸地調査は通りすがりに気軽に行う事ができるというのが望ましいという事にもつながる。
この論旨を元に発見物が必須行動に含まれるのは不適格としたまでで、選択肢の一部としても認めない、不適格であるという事ではない。

以上を持って陸地調査はハイエンドコンテンツではないといえる。
また論旨1の内容を述べた物とする。


また「苦行」とは言っていない。
ただ、文章が感情的だったためそう取られも仕方がないが、この発言の前に君主の羽根冠を取得した画像を上げており、コレが意味するのは実際西シベリア平原とコーカサス地方は調査済みということ。
補足するならば他にカリブ全域、北米西岸南米西岸、北海、は調査済み。
この点はこちらにも非があるが基本的に曲解である。


次に論旨2.再調査において報告しなければ調査の開始が再調査の破棄になる事について述べたいと思う。
これは調査と再調査のスキームが異なっている点が不自然である事が一点。報告場所の書庫(学者)が均等に点在していない点に問題点があるというのが一点である。

まず一点目について
陸地調査は調査終了後、調査図および航海図を開く事で完了となり、次の陸地や海域を選択する事ができる。
しかし再調査においては調査図および航海図を開く事で完了にはならず書庫の学者に報告しないかぎり次の調査を行う事ができない。(正確にはできるが再調査内容を破棄する必要がある。)
これは報酬を得る必要があるからと考えられるが、通常の調査のように連続でできない点に齟齬と不便さがある。
(海域調査にも報酬はあるが海域毎報告してもらうシステムではないのでこういった事は生じない。)

次に二点目
上記にも述べたが、報告場所が書庫(以下書庫のみ記述する。)であるためにアフリカ西部・東部・中東などは書庫がなく報告の際にはヨーロッパの書庫がある都市に戻るか、インドの書庫まで言って報告しなければならない。
この点を平均化する必要があるのではないかという論旨である。

基本的にはシステムの齟齬と不便さを改善するための要望ではあるが、出港所役人か冒険依頼斡旋人で受け取れるようにすれば問題は解消すると思われる。


上記を理解したうえでイチャモンというならば何も言う事はないです。
考えが全く違うという事です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://albrechtdurer.blog.fc2.com/tb.php/397-ed949326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

albrechtdurer

Author:albrechtdurer
大航海時代Online Astraios鯖でのんびりまったりドMな生活をしていますw

ゲーム内の物をモチーフにしたシルバーアクセサリーを作ったりもします。(かなり稀なので期待はしないでw)

レザークラフトもはじめました。ってか最近こっちがメイン。

コメントする際にはスパム対策のためにhttp://やメールアドレスなどの文字列はNGワードなっておりますのでご注意ください。

またこちらの判断でスパムや不快なコメントと認識した場合削除する事もすることがあるのでご了承ください。

大航海時代 Online著作物利用規約

 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.  

最近のコメント
月別アーカイブ
 | ニュルンベルグの芸術家 ZweiTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX