大航海時代Online Astraios鯖で日々ウロウロ
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/10/29(水)23:01
今回復帰した理由に1年位経ってたということと「スキル練成」に伴うスキルの底上げが目的なのです。
ある程度は2キャラとも育っているのですが、スキル練成を機に上げきってしまおうかと思いましてね。

とはいってもスキル練成の対象となるスキルは
冒険だと探索・視認・生態調査・開錠の発見スキル
交易だと各種取引
戦闘だと剣術、砲撃、各白兵スキル、消化

なのでスキル練成するものは多くありません。
特に効果が大きいらしい白兵スキル系は上げるのが面倒すぎるので上げる気はないです。

ただ、冒険系と取引関係はこの機にやって見てもいいかなぁと思ってまして色々とwikiを参考に計画を練っています。
(特に冒険系は全部やりたいかなぁ、発見時に獲得経験値上がる効果あるみたいだし。)


とりあえずその第一弾として、食料品取引を上げて見ました。
一番上げやすい取引ですので入門編としては一番いいかと。

また、休止中に交易品購入のUIが変わったおかげで購入がやりやすくなり、カテもウィンドウを閉じず使えるようなって購入がかなりスムーズにスキル上げができるようになりました。
(前の相場情報から購入できるようになった感じやね、個数買いと在庫買い選べるのは買い残しが出ないので良いね。)



食料品取り引き上げの舞台はトリポリ。食料品が5種類あるので購入量が一番多いです。
基本的にカテを使って購入してその場で売却するので赤字になりますが、食料品の場合原価が安いのでスキルを上げきるまでやったとしても10Mいくかいかないくらいなのでそこまで気にする事ではないと思います。


そんなこんなで大量のカテ1を交易所の親父に投げつけていると

食料品取引

R15達成。その時間にして30分位。
一応スキルノートに入れて雷王のお守りを使ってこのくらいです。

この後サンクトペテルブルグにスキル練成をしにいってR1→R15まで上げて見ましたがそれも50分位でしたかねw


問題といえば恐ろしく単純単調な作業を繰り返すので飽きるのと肩がこるくらいですか。
まぁ、肩こりは結構問題かなとw。


ついでに工業品取引を上げて見ましたが、こちらは相場にもよりますが購入単価がそれなりにありますがSSの購入金還付1,2があるとかなり赤字を減らせますので問題になるのは用意するカテ2の枚数くらいです。
(赤字は20M位だったかなぁ。もっと多かったかもしれないが記憶にないw)

工業品取引


たしかに取引スキル上げはかなり簡単になりましたが、上げたい取引のものが一港に3種以上ない取引スキルの場合、カテの消費量がかなり上がります。

また、貴金属取引など単価が高く、かつR15まで上げるカテ枚数が多い物は長い目でみればコストをかけてまで上げない方が得な気もしますが、スキル練成の効果よりも「常時+2ブースト」目的で上げるのも一興でしょう。


ちなみにスキル練成の効果「食料品仕入れ」を使っても食料品の在庫が20~30回復する程度だったので正直コレ目当てで練成する必要はないと思いますw
(もうちょっと回復してもいいと思うけど、カテを消費せずに行動力100で在庫が戻るならばある意味ありなのかなぁ・・・。)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://albrechtdurer.blog.fc2.com/tb.php/370-e4305d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

albrechtdurer

Author:albrechtdurer
大航海時代Online Astraios鯖でのんびりまったりドMな生活をしていますw

ゲーム内の物をモチーフにしたシルバーアクセサリーを作ったりもします。(かなり稀なので期待はしないでw)

レザークラフトもはじめました。ってか最近こっちがメイン。

コメントする際にはスパム対策のためにhttp://やメールアドレスなどの文字列はNGワードなっておりますのでご注意ください。

またこちらの判断でスパムや不快なコメントと認識した場合削除する事もすることがあるのでご了承ください。

大航海時代 Online著作物利用規約

 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.  

最近のコメント
月別アーカイブ
 | ニュルンベルグの芸術家 ZweiTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。