FC2ブログ
大航海時代Online Astraios鯖で日々ウロウロ
2013/09/01(日)20:40
9/3実施される『桃源郷』アップデートですが、実に薄い内容ですね。

だってLiveイベントとキャンペーンの常設化除いたら
トレジャーハントとハワイ関連クエの追加位という内容ですからね。

ネトゲ周辺が色々とざわついてる時に平然と川で釣り糸垂れているってのは
コーエーらしいちゃらしいけど、いい加減見限る人も出てきてる感じなのかなぁ・・・。


やっぱりワールドクロックの時代が動くというコンセプトはいいとしても、
内容が既存イベントの使い回しだったり、追加されたコンテンツも延長上のものでかつ、
全体のスケールの見直しがなされていないという点で飽きや面倒臭さ、
初~中級者へのハードルになり継続率が落ちてる感じですよねぇ。

簡単に書くつもりが長くなったので以下へ。


スケールの調整といってもわかりにくと思いますが、ようは簡単な話です。
例えば対人戦闘に指向がある人がこのゲームを始めて周囲の過度な手助けないとしてどれくらいの期間で望む対人戦闘ができるか?を考えてみてください。

ざっと見たところでは流石に今の御時世戦列艦のれるから対人戦闘できるぞ!
って感じではなくなっています。
耐久力と装甲鑑みると装甲戦列艦が最低限、それなりにやるには
一等戦列艦くらいまでいかなければダメな感じです。

では
 ・冒険Lv36~40交易Lv24~26戦闘Lv64~69まで上げる時間はどれくらいか?
 ・その時間で到達出来る収支状況で買える船の値段か?
 ・また、対人に必要なブースト装備を入手する時間、値段はどれくらいか?
 ・以上の合計時間が長いか短いか。一般的な人のモチベーションが続く期間なのか?


ここらへんを最低限分析して、
 ・戦闘が上げづらいのは適切なレベル帯の狩場がないからなので狩場を追加して
  レベル上しやすいようにしよう。
 ・収支を上げるようにすると影響が大きいから船を入手できるの額を全体的に下げよう。
 ・対人戦に関わる装備などはドロップ率を上げるなどして流通しやすくしよう。


とかの施策を行い全体的に目標達成にかかる時間のコントロールするわけですが、
ここらへんの判断がここ数年とても遅くなっています。

シップリビルドなんかはまさにその具体例なんですが、船の性能を単純上昇で弄っていまうと
その時点で最高の状態にしなければ対人に関わることはできなくなります。
つまり上の例に上げた物に更に目標が加わるわけですね。

となると時間もかかる。(この場合は主に資金だかそれを稼ぐ時間と考える)
しかし、全体的にスケールの調整はされておらず、
公用船体を作って各種パーツを集めフリースタイル造船を行い、
さらにシップリビルドを行う必要がでてくる。

今回、費用を半減してここの時間をコントロールしたのでしょうが、
根本的にシップリビルド自体が延長上、つまり時間の追加になっているので焼け石に水です。
もしシップリビルドを入れたいならば、やるべきは造船全体に手をいれて時間短縮をすることです。


これは考える一例ですが、前々から増築ではなく再構築してくれといっていますが、
未だに行われていませんね。
その証左に今ユーザーアンケートをやってますが、改善要望のリストが初期から対処されずずっと項目が増加しています。

「どこまで増加するんだろうなぁ~」と楽しみな面もありますが、
ここ最近のユーザー減少数を見るに増加する前にゲーム自体が終わるんじゃないかな・・・。
という不安感の方が強くありますね。

公式twitterアカウントもできたことだし、
今までの大本営発表的なユーザーとの接しかたを改めてくれないかなぁ・・・
(ツイート内容見て考えるにまだまだ魅力や伸び代あると思うけどねぇ。
 まぁ、勝手に期待して裏切られると期待した分が失望とか怒りにかわるんだけどさw)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://albrechtdurer.blog.fc2.com/tb.php/357-d3f7036e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

albrechtdurer

Author:albrechtdurer
大航海時代Online Astraios鯖でのんびりまったりドMな生活をしていますw

ゲーム内の物をモチーフにしたシルバーアクセサリーを作ったりもします。(かなり稀なので期待はしないでw)

レザークラフトもはじめました。ってか最近こっちがメイン。

コメントする際にはスパム対策のためにhttp://やメールアドレスなどの文字列はNGワードなっておりますのでご注意ください。

またこちらの判断でスパムや不快なコメントと認識した場合削除する事もすることがあるのでご了承ください。

大航海時代 Online著作物利用規約

 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.  

最近のコメント
月別アーカイブ
 | ニュルンベルグの芸術家 ZweiTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX