FC2ブログ
大航海時代Online Astraios鯖で日々ウロウロ
2012/10/28(日)12:53
なんでしょうね。仕事が忙しくなると他の事やりたくなるのって。
テストが近づいてくると部屋片付けをする現実逃避と同じようなもんですかねww
(なんか以前も同じような事言ったきがする・・・)

まぁ、そんな感じでモチーフをスケッチしたり粘土を弄るときがあるんですが、
その時にいい感触が得られたので一気にやってしまったのがコチラになります。

といっても型までですがw


海竜が左右対称なのでうまくやれば1個の竜からトントンと楽につくれるんじゃね?
と思ったんですがそうは烏賊のナントヤラ。

両方共凸型にするには結局左右作るか、型をぶちぬいて抜き型にしなければならないんですよ。
しかし、角の部分やヒレの部分は細かい上に抜き型にはできません。

なので観念して、ささっと下書きしまして2つめの竜の型を作成します。

双竜

結構悩む点としては細かい・細い所は再現しにくいという点です。
また、銀にした場合はある程度の耐久雨力がありますが、
粘土の状態だと石膏のような状態のため力のかけ方を間違えると簡単にポッキリいくのです。
なのでちょっと細部のデザインをかえました。
(他にも理由はあるのですが、それは後述します。)

この二匹の竜に別途作成していたトライデントを加えて全体像が完成します。

モデル1

しっかし、予定より随分大きくなってしまったんですよねぇ・・・
縦5cm横6cm位だったかな。

そのくらいの大きさだと使う銀量が多すぎて普段使う10gではたりなんですよねぇ。
なのでちょっとダウンサイズするため&ちょっとトライデントと竜の感覚を詰めててみました。

モデル修正版

これで型をとれば全体が一段回小さくなるのでまぁそれくらいならいけるんじゃないかなと・・・
実際やってみると10gでなんとか足りるくらいだったので意気揚々と型から抜くと

型とり後

\(^o^)/


よく考えてみれば当然で型に必要ギリギリの量なので全体的に厚みがたりません。
その状況では型殻外す時に薄くなってる部分・細くなってる部分は破損しやすいんですねー。
でも、うまく型を撮れていたとしてもトライデントの部分は折れたんじゃないかな。
結構持ち方誤ると一番力がかかってしまう部分のわりに細いしね。

ただ、こうなったメリットもあって、個々の部分の修正が楽なんです。
穂先の修正や部分部分の厚み修正細部の再現できなかった部分の修正なんかは
バラバラ・・というか小さいほうがやりやすいんです。
(後乾燥待ってる間に他の部分の修正がしやすいのも便利)

と、失敗した事を前向きに捉えてみましたが失敗は失敗w

でも「やっちゃったなぁ・・・」とは思うものの正直こういったイレギュラーには慣れっこなので
ペーストタイプを使ってゆっくり修正と再生していきます。


接着2

                 

接着3

こんな感じに復元できました。

裏ネックレスフック

バックにネックレスチェーンを通す金具も作りました。
(又、折れたトライデントの柄部分の補強でもあります。)

画像多めでサクサク説明してきましたがここまで来るのに実際は2ヶ月位はかかってますw
まぁ、まとまった時間もとれなかったですし、途中作業できなかった期間もありましたしね。

作業自体は仕事で使う頭の部分と違う部分使うので双方への影響はないんですが、
夜に作業やると脳が覚醒しちゃうんで24時とかに作業始めるとそっから数時間は寝れなくなるんですよw
それだと流石に次の日(というかその日)に差し支えますw

なので、作業できる時間を見計らってやっていたらこんなに時間かかったわけです。


さてさて、ここからはもう粘土ではなくなるのである意味失敗したらそこで終わりです。
焼成です。

海竜焼成中

焼成すると全体が収縮するので結構注意しないとデザインが崩れたり、
厚薄の差が大きいと反り返ったりするので注意が必要です。
一度火が通ってしまえば純銀になるので、金属の性質(延展性)を使った修正もできますが
やり方を間違えると割れてしまうのでオススメはしません。

なんですが・・・

焼成後海竜


はい穂先曲がったーww


まぁ、面倒なので修正方法は省きますが、こいつらも所詮金属なんですよ!
んであれをこーやってそーやってですね。

ベルベットon

ナイロンコートon


完成です。
まぁ、いつも通り紆余曲折なんですが、こういったのはやっぱり楽しいですなぁ。

別にDOL物だけしか作らないってわけでもないし、最近ペンダントヘッドばっかりだったので
他のものも作りたいなぁ・・・リングとかね。
(前作った指輪なくしたし・・・)









※おまけ


フォーク


ペンダントヘッドじゃなかったんや!!
フォークやったんや!!www
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://albrechtdurer.blog.fc2.com/tb.php/341-2f60baec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

albrechtdurer

Author:albrechtdurer
大航海時代Online Astraios鯖でのんびりまったりドMな生活をしていますw

ゲーム内の物をモチーフにしたシルバーアクセサリーを作ったりもします。(かなり稀なので期待はしないでw)

レザークラフトもはじめました。ってか最近こっちがメイン。

コメントする際にはスパム対策のためにhttp://やメールアドレスなどの文字列はNGワードなっておりますのでご注意ください。

またこちらの判断でスパムや不快なコメントと認識した場合削除する事もすることがあるのでご了承ください。

大航海時代 Online著作物利用規約

 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.  

最近のコメント
月別アーカイブ
 | ニュルンベルグの芸術家 ZweiTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX